charapalトップキャラクターVIVRETキャラクター紹介 サイトマップ キャラパルタウン
頭から芽を生やしたへんてこなヌイグルミ。なぜヌイグルミが動き出したのかは全くわからない。
どう見ても頭の上の芽が怪しいのだが、チコリが研究中である。
好奇心旺盛で何にでも興味を示し、それを食べることで様々なことを学んでいるようだ。
ビブレットは何でも食べる。
雑食である。
こ〜んなに大きなものでも、
簡単に口にいれてしまう。
この島の最初の漂着物。
チコリが種を植え付けてから喋りだした。大変な気まぐれだが識者で島の過去を時折語ってくれる。
チコリが作ったブリキのロボット。彼に植え付けた種からは芽が出てこなかったのだが、変わりに葉っぱの形をしたアンテナを付けてみると動き出した。しかし、どこか不安定で島ではすっかりトラブルメーカーになってしまった。




どことなくエキゾチックな雰囲気が 漂うおしゃれネコ。 身軽な彼女は島の中を飛び回り いつも一番最初に新しい漂着物を 発見する。 トレードマークのパラソルに 芽が生えてからは空を飛ぶことが 出来るようになった。

この島の最初の住人。博物学者の卵。
嵐の夜、船が難破してしまい島に流れ着いた。漂着物は彼にとって探究心を満たしてくれる研究材料で、この島に流れ着いたことを、このうえなく幸福なことだと思っている。ある日、島に落下してきた宇宙船の中からふしぎな種を発見し、ビブレットを誕生させた。それからは何か漂着物があると、とりあえず種を植えることにしている。言葉が通じないものと通じ合ったり、ガラクタが息を吹き返したり、不思議な事が起こっていった。そしていつのまにか、波の音しか聞こえなかった島が笑い声であふれ るようになっていったのである。
クブクブの頭に
住んでいる短気な小鳥。
赤い体を真っ赤にして
怒鳴り散らす
どこからか流れ着いた雪男。暑さが苦手なはずだが、いつの間にかこの島に適応してしまった。アロハシャツはすっかり南国気分。のんびりした性格で短気なシナービとはバランスが取れているようだ。
トップへ
Copyright (c) 2003-2011 LAYUP Co.,LTD. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
このホームページ上で使用しているコンテンツのすべての著作権は株式会社レイアップおよび関係各社が所有しています。
許可なく使用・転載することを禁じます。
(c)LAYUP